知っ得情報

横山光昭氏直伝!年収200万円からの貯金生活メソッド 使ってみよう!電子マネー

キャッシュレス決済、利用したことがありますか? VISA、JCBといったクレジットカード、Suica、nanaco、WAONといった電子マネーは、キャッシュレス決済の一つです。カードという支払いツールがあることや、利用するとあとで請求が来るとか、チャージをしてそこから払うものであるといった支払い方法もカードごとに把握できたので、今まではあまり混乱することもなかったのだろうと思います。

ですが、最近はスマートフォンにアプリを入れて決済する方法が注目されています。決済アプリをダウンロードし、登録をして、バーコードやQRコードを利用して支払う方法です。LINE PayやPayPay、メルペイなどを見聞きしたことがあるでしょう。それらのことです。
慣れてしまうと便利なものです。スマートフォン一つで外出しても、買い物ができますから困ることがない。利用するとポイントが付くし、キャンペーンで利用額が戻ってくるということもあるなど、メリットも大きいのです。
もし、興味を持っていたら、利用できる店舗が多いLINE PayかPayPayを登録してみるとよいでしょう。

決済アプリの違いは主に支払い方法の違いだといってもよいと思います。大きく分けて、プリペイド方式(前払い)、ポストペイ方式(後払い)、デビット方式(即時払い)の3つの支払方法があるのです。この違いはアプリの中にお金をチャージしておいて支払うのか、又はアプリを経由したクレジットカード払いにするのかにより異なります。

例えば、Suicaやnanacoはチャージをして使うプリペイド方式(前払い)です。クレジットカードは利用した金額をあとでまとめて請求されるポストペイ方式(後払い)、J-デビットやクレジットカードブランドが付いたデビットカードは銀行口座残高から即時に支払われるデビット方式(即時払い)です。
つまり、アプリで支払いをするときにどの決済方法と連携させるのかにより、特徴が異なるのです。またアプリの運営会社により、選べる支払方法が異なります。

では、どの支払い方式が一番お得なの?という疑問もわくかもしれません。ポイントをたくさん得ようとあれこれ考えを巡らせると、やっぱり面倒だと思ってしまうことになるので、今あるカードと連携をして、アプリのポイントとカードのポイントの二重取りができれば、まずはよいのではないかなと思います。

私は基本現金主義なので、Visaデビットカードとつなげています。クレジットカードとつなげるよりも得られるポイントは少ないのですが、即時決済にできるところが気に入っています。後払いを多用して、支払いが大変になってしまうことが嫌ですから。
また、LINE Payはチャージをして支払うことしかできないのですが、アプリと共にJCBが付いたリアルカードの発行もしているため、利用できるお店が非常に多いことが魅力です。バーコード決済をするとポイントアップしますし、カードで支払ってもポイントが得られます。

では、複数あるキャッシュレス決済を管理するにはどうしたらよいでしょう。心配なのはクレジットカードが普及し始めた頃にもおきた「使いすぎ」です。お金を使っている実感が少なくなりやすいのです。

利用すると履歴は残るのですが、複数使っているとその把握も難しくなります。ですから面倒でも手書きで支出を記録したり、家計簿アプリはカードや口座のお金の動きを自動で集約し、記録してくれるのでそれを一部活用し、記録ができない現金払いは手書きで記録するなど、管理の工夫が必要です。

スマートフォンのアプリ決済で、銀行口座やクレジットカードと連携させてポイントアップを狙うなら、その連携させるカードを、一つに絞ることでも支出の管理をするひとつの手段です。
そして、支出の仕方が現金であっても、キャッシュレスであっても、基本的な支出の管理の仕方の考え方は同じです。支出を把握し、振り返りをして無駄がないか、使い方が良いかどうかを見直す。この原則を守りながら、管理方法を工夫していけば、きっと上手にキャッシュレス時代でも家計管理をしていけると思います。

  • profile

    家計再生コンサルタント
    株式会社マイエフピー代表取締役
    横山 光昭氏
    家計のマイナス面の盲点を見つけ、無理なくできる再生と貯金の方法を紹介。厳しくも依頼者に寄り添う親身な指導内容はお金の問題だけでなく依頼者の人生までも再生させ、多くの人から共感を得ている。各種メディアへの執筆、TV出演なども行う庶民派ファイナンシャルプランナー。

前のトピックス

家族マネー会議